短編プログラム3(67分/11作品)

「心と体」自分の世界 あの中 私の中 自分のこと

それは、「私」の身体と心。それは、「私」の部分であり全体。時に「私」のものではないように感じられる。いや、「私」のものでなければいい。「私」の心と体が感じるものによって、世界は新たに再構成されるから。


「678」
2017/07:32/パク・ウンジン 박은진
Drawing, 2D
Korea,Germany

暗闇の中で、3つの頭部「6」「7」「8」が、退屈で不条理な日常を生きている。ある日、「6」と「8」の外見が逆転していた。「7」は何かおかしいと感じるが、そのまま日常を続ける。その完璧で不条理な日常はどうなるのか? 彼らは自分が誰なのか、どうやって知るのだろうか?

Director's note
一部の人々は時に、アイデンティティとは確固とした不変のものである、と信じている。だが、本当にそうなのか? 「6」「7」「8」の3人しかいない世界で、彼らにとって自分自身を確認する方法は、相手を通じてでしかない。そして、そこから導き出される結論は、自分が自分ではないということ、そして、新たな自分の役割を履行しなければならない、ということである。


「偉大な手とプルガサリ」
위대한 손과 불가사리/The Great Hand and the Bulgasari
2017/05:55/キム・ミネ 김민혜
2D

「偉大な手」によって身分階級を分けられ、生き方を制限された幼いふたりの少女。ふたりは鉄を食べる怪物「プルガサリ」に変身して「偉大な手」の指にかみつき、外の世界へと逃げ出す。

Director's note
「偉大な手」は、不合理で不平等な世界の上に君臨する、力の象徴である。習慣、偏見、不合理な制度など、目に見えない力によって、どんな武器も通じない怪物「プルガサリ」が誕生しうるのだ。


「情けなくて、すみません」
한심해서 죄송합니다 / I’m Sorry I’m Pathetic
2017/01:58/チャン・ナリ 장나리
2D

女は毎日、机の前に座って作業をしている。ついには首がうつむいたままになった。母親は、娘が何をしているのかよく分かっていないが、とにかく気に入らない。女は今日も、肩身の狭い思いをする。顔をあげることができない。

Director's note
母親の心配と小言は、自己嫌悪になって戻ってきました。


「CONNECT」
2016/04:02/ソ・ヒジョン 서희정
Pixilation,2D
Korea, Germany

時とともに大きくなる石。互いを削り小さくなることで、活動可能な大きさを維持し、生き続けられる。主人公は、こうした過程の中で、極端な状況を経験することになる。

Director's note
客地で経験した、人と人との間の葛藤。これを極端に解きあらわしてみたら、どんなことが起きるだろう。この疑問が始まりだった。石はその大きさによって、非常に重いか、または非常に軽い。これを、心の重荷や個人の領域に置き換えて、物語を構成してみた。


「深心」
심심 / The Realm of Deepest Knowing
2017/03:30/キム・スンヒ 김승희
Pixilation, Drawing, Object

逆境の中で、ひとりの人間が、他人の内面の最も深いところへたどり着こうとする。それは暗闇を照らす。彼らは一体感の中で、互いを満たしていく。

Director's note
私たちは皆、それぞれの人生の中で、つらい時間に出くわす。時には悲しみと嘆きにから抜け出せず、立ち上がる力さえ失う時もある。その時、私たちを深く知り理解する人々が、私たちの心を目覚めさせてくれる。だから、私たちは愛する人と一緒に手をつなぎ、歩いては倒れ、互いに起こし合い、再び手を取り歩いていくことを、人生の中で繰り返す。「深心」は、こうした愛の中にある、深い関係のプロセスを暗示的に表現しようと試みた。
インディ・アニフェスト2017一般部門優秀賞
トレーラーはこちら
東京ゲスト


「都会の鳩がぶくぶく太る理由」
도시비둘기가 뚱뚱해진 이유 / Where Are Fatty Pigeons Come From?
2017/03:20/イ・ヨンジョン 이연정
Drawing, 2D

職場の同僚ウスに片想いするジャヒの嫉妬のせいで、都会の鳩がぶくぶく太っていく…。

Director's note
嫉妬と愛憎にとらわれたジャヒは、とんでもない計画で、その感情を消そうとする。結局ウスは彼女に振り向かなかったが、それでも観客の誰かが、緑の髪の風変わりな女性をかわいいと感じてくれればと思う。


「Manimals」
2017/04:54/オ・ジヒョン 오지현
2D

女は、かつて恋人だった彼らを、動物のイメージで記憶している。

Director's note
「私」は変わらなくても、どんな相手に出会うかによって、恋愛の様相は変わる。完璧な恋愛など、実は存在しないのかもしれない。


「鼻」
코 / The Nose
2017/08:38/キム・ジュイム 김주임
2D

会社の面接を前日に控え、整形手術で鼻を失った女性が、なくした鼻を探して孤軍奮闘する。

Director's note
他人によく見られようと整形した鼻が、ある日突然消えてしまったらどうなるか、想像してみた。現代人にとって、鼻は自尊心のシンボルであるともいわれる。鼻の整形手術によって自尊心を得たばかりに、突然自尊心を失ったある女性を通じて、周りに認められて得られる自尊心にこだわるよりも、自分をありのままに受け入れることこそ、健康的な自尊心のあり方であると伝えたい。
トレーラーはこちら


「À l'abri」
은신처
2017/06:41/シン・ジンギュ 신진규
Drawing, 2D, Cut-outs, Rotoscoping
Korea, France

自らの髪でつくられた「自分だけの部屋」。その暖かな繭のなかで、彼女の内面と身体はひとつに溶け合う。だが、彼女の世界は外の世界にさらされてしまう。彼女は外の世界の波風に立ち向かう。自分の居場所を守るために。

Director's note
髪というものの性格上、特に髪が長ければ長いほど、その”毛先”は、外部空間(社会)と接触しており、その接点を境界として、プライベートな空間を形成する。髪は、光と音から完全に遮断されない、可変的な性格を持つ空間だ。同じように、個人のスペースも、自分が属する社会や文化と完全に遮断することはできない、膨張し収縮する空間である。本作では、社会の中での個人的な空間のアイデンティティを確認し、物理的かつ心理的な自分の空間はどうやって維持していけるのか、そうした問いを提起している。
トレーラーはこちら


「(OO)」
2017/03:03/オ・ソロ 오서로
2D

誰かの鼻がトラブルに。

Director's note
鼻炎やかぜに苦しむ誰かの鼻の中で起こるせわしない事件を、ダイレクトな方法で比喩してみようと思った。
トレーラーはこちら


「RAINBOW」
2017/16:00/カン・ヒギョン 강희경
2D,Rotoscoping

海のように青い肌のヒーロー「虹」と、彼の平凡なガールフレンド「キムスニ」、魅力的な彼のパートナー「オーロラ」の3人が、仮想の「虹の島」を舞台に繰り広げるロマンチック・コメディ。

Director's note
自分が持っているものが、すべて小さく、つまらないものに見えることがある。そして、ちぢこまりナイーブになった心は、大切なものを見失う。私たちは誰もが、今のままでも十分素敵で美しい。自分が気づかないだけなのだ。ごく普通の少女を通して、私たちは皆ありのままでも、どれぼど大切で愛らしい存在なのかを伝えたかった。
インディ・アニフェスト2017観客賞
主題歌ミュージックビデオはこちら