アジアプログラム(65分/9作品)

アジアへの扉

インディ・アニフェスト「アジア路」部門の上映作品から、優秀作品2編を含む特別な作品を選定した。世界の中のアジア、アジアの中の世界が感じられる作品を通じて、アジアのアニメーションの「力」を実感できるだろう。


「Tough」
2016/04:49
ジェニファー・チョン Jennifer ZHENG
中国、イギリス
2D, Drawing

成熟してこそ、分かることがある。中国人の母とイギリス生まれの娘が初めて大人の会話を交わし、幼いころに経験した文化的な誤解が解消されていく。


「Negative Space」
2017/05:30
マックス・ポーター、桑畑かほる Max PORTER, Ru KUWAHATA
日本、アメリカ、フランス
Stop Motion

鞄の詰め方は、父が教えてくれた。
インディ・アニフェスト2017アジア路
審査委員特別賞
米アカデミー賞ノミネート

トレーラーはこちら


「夜遊び」
See You Next Time
2017/04:46
黃亮昕(ファン・リャンシン) Liang-hsin HUANG
台湾
Cell

思い出は短いが、人の間の関係のように豊かである。私たちはしばしば、古い関係から新たな関係へ、古い記憶から新しい記憶へと移行していく。そして、このサイクルは永遠に続く。
トレーラーはこちら


「それぞれの時間」
KCLOC
2017/02:50
ニナード・クルカルニ Ninaad KULKARNI
インド、アメリカ
3D, Live Action

『KCLOC』は、人々が時間をどのように認識しているかを示す、3Dアニメーション・ドキュメンタリーである。
トレーラーはこちら


「基石」
Fundamental
2017/07:10
邱士杰(チュー・シージェ) Shih-chieh CHIU
台湾
2D

宗教的原理主義の背後にある、異常で恐ろしい現実を発見する10代の少年の物語。この作品では、保守的な教会のせいで精神的苦痛を経験する少年と、彼がどうやってそこから抜け出すかを描いている。
トレーラーはこちら


「FLOAT TALK」
2016/13:58
仲井希代子 Kiyoko NAKAI
日本
2D

私の家の近くには、無重力の空間があった―。 公園の忘れられたような片隅に、“穴”と呼ばれる直径2mほどの無重力の空間が空まで伸びていた。ある日、主人公「ヒワ」は幼馴染の「トウコ」から“穴”へと呼び出される。子どもの頃、2人にとってそこは特別な場所だった。しかし成長するに従って2人の間には次第に距離が生まれ、中学に入ってからは言葉を交わすことも無くなっていた。「ヒワ」に対して激しく怒りをぶつける「トウコ」。「ヒワ」ははぐらかしながらも記憶を呼び起こされてゆく―。親友同士だった少女たちに起きた変化を、色彩を抑え、切り絵のようなタッチで描く。
東京ゲスト


「理髪店」
Barber's Cut
2017/02:24
エディズ・アナビ Ediz ANAVI
トルコ
Pixilation

男が理髪店に髪を切りに行き、不思議な体験をする。特別な装置と奇抜な発毛テクニックで、彼はさまざまな姿に変化する。


「悪い子」
Wicked Girl Kötü Kız
2017/08:00
アイス・カルタル Ayce KARTAL
トルコ、フランス
Drawing

8歳のトルコ人少女Sは、想像力あふれる少女だ。彼女は自然と動物を愛する。病院の一室で、彼女は祖父母の村での幸せな日々を思い出していた、だが、暗く恐ろしい記憶がよみがえる。そして、少しずつ、あらゆることが理解され始める。
トレーラーはこちら


「黒」
Black
2016/14:00
トマーシュ・ポパクル Tomasz POPAKUL
日本、ポーランド
2D

「Black」は、地球上で突然起こった核戦争によって宇宙ステーションに閉じ込められた、ふたりの宇宙飛行士の物語である。地球との接続が切断され、彼らの基地や、惑星の誰かと連絡しようとするが、すべて失敗した。彼らにできることは、惑星の表面で起こる核爆発を眺めながら、何とか生き延びようとすることだけだ。
インディ・アニフェスト2017アジア路 大賞
トレーラーはこちら