大阪特別プログラム(16作品)

PEAS作品特別上映(予定上映順)


2010年より活動している映像制作・上映グループ。活動開始以来、月例上映会を企画・運営、年1回全国各地で「Animation Factory Festival」を開催。登録作家は2012年12月現在60名以上。PEAS運営メンバーにてアニメーション制作も請け負うなど、幅広い活動を行っている。
公式サイト http://peas-animation.com/


「airpocket」
 3:02/河野如華

過ぎて行く風景と、永遠の記憶


「おもてなし」
 3:14/中村古都子

PEASのCommercial Film犬が主役の物語第一弾。花見に出かけたCF犬。ところが急に強い風が吹いて来て…。桜の季節に京都御苑でのロケ敢行!


「おちばの森で」
 7:13/篠原健太

おちばの森で出会う動物達の話。おちばの感触、森の匂い、木の実の味など感覚的に楽しんでいただけると幸いです。


「moon」
 1:30/東影ユウタ

どこまでも続く水たまりの上で、少年は糸を垂らす。


宇宙漂流ヒマラヤ
「マジ・カル子の魔法のレシピ」

 5:48/星子旋風脚

宇宙船ヒマラヤ号の料理長をつとめる魔法少女マジ・カル子。料理の失敗を魔法でごまかしたことが、思わぬ波紋を呼ぶ―。劇団 東京リトルバンの制作による、レトロSF青春群像劇コメディ。オープニングも一新しました!よろしくお願いします!


「HIYAKKIYAKOU」
 1:15/イマムラトモヤ

“寂しい時こそ楽しいフリをしてみて!きっと楽しいことがやってくるから!”そんなメッセージを込めて制作した作品。主人公の歩く回数が増すごとにお友達が増えてくるところに注目してください。

 

「串刺しの二人」
 1:00/橋本誠史

痛いのは最初だけ!


ヤカンポリス村田さん16話
「ぶらり途中下車の旅」

 4:22/トーマス

サツキヤングさんのナレーションがこの動画のチャームポイントだと自負しております。


「鬼ヶ島」
 10:15/K.Kotani

サイレントです。サイレント・モノクロで作るにはこの長さが限界かもしれません。


「星河森の踊り子猫」6:55/
 タナベサオリ

絵描きタナベサオリと歌うたい大津美紀で絵本の様なアニメーションを制作しました。ひとりの猫が旅の途中に立ち寄った森の星の宴のお話です。


「note animations」
 1:00/鬼久保綾

小さい紙に描くのが楽しくて少しずつ続けているアニメの一部です。


「黒いロングスカートの女」
 8:57/土屋萌児

男の中にいる女といつも彼はダンスをしていた、妄想なのか現実なのか、彼は生活の中で女の影を追いかける。


「scope」
 2:40/植田翔太

作家は自身の内なる世界を作品としてアウトプットする。その際、「手」の持つ出口としての役割はとても重要だ。作家の「手」により生み出された作品を介して内的世界をのぞき見る。そんな思いを込めて制作した。


「Deep Awakening」
 3:02/宮崎しずか

今まで過ごしてきた時間についてふと立ち止まった時、周りも自分も年をとってきているのは明らかでした。年 をとっていくことについてずっと考えていました。そんな気分 の中で連想されるイメージにまかせてドローイングし、自分の意識に及んでいない記憶を引き出す方法でアニメーション制作を試みました。どうぞ観てください。


「when I was young…」
 5:35/オオニシカオリ

くじらになる夢をみた。かつての少女の記憶と幻想。色のなかに”やさしさ”を感じて頂けたらいいな。


「ポメス」
 3:26/うえむーかす

ポメスとは、ドイツ語でフライドポテトの意味だよ。