名古屋会場

スケジュール

7/6(土)
12:00 韓国長編『半島で生きたい』(85分)
13:45 第10回記念 特別上映『フェルーザの夢とともに』(24分)トーク
15:15 韓国短編1「現実のチカラ」(9本/69分)
16:45 アジア短編「アジアのカタチ」(10本/68分)
18:15 韓国短編2「愛のカケラ」(9本/70分)
7/7(日)
12:00 韓国短編2「愛のカケラ」(9本/70分)トーク
14:30 韓国短編1「現実のチカラ」(9本/69分)
16:00 アジア短編「アジアのカタチ」(10本/68分)
17:30 韓国長編『半島で生きたい』(85分)

※ 7/6(土)20:00より交流会を予定。詳細はお問い合わせ下さい。

チケット

当日券のみ
1プログラム 一般 1,000円 高大生 500円 中学生以下 無料
※第10回記念 特別上映『フェルーザの夢とともに』は入場無料

お問い合わせ シネマコリア(西村) TEL 090-1863-7855

ゲスト・イベント

ゲストトークその1


ドキュメント作『フェルーザの夢とともに』で、早婚の風習に縛られたエチオピア人少女フェルーザに、優しく寄り添ったキム・イェヨン、キム・ヨングン監督。映画の中で起こった奇跡は、作品完成後も続きます。本作の制作秘話、そして、TVだけで5ヶ国語を身につけたという驚異の少女フェルーザのその後について伺います。

日時 7月6日(土)13:45 第10回記念 特別上映『フェルーザの夢とともに』の上映終了後
会場 愛知芸術文化センター 12階 アートスペースEF
ゲスト キム・イェヨン、キム・ヨングン(『フェルーザの夢とともに』監督)
参加費 無料
※日本語通訳あり

 

|ゲスト
キム・イェヨン(写真左)、キム・ヨングン(写真右)

2010年、花開くコリア・アニメーション名古屋会場、第1回目のゲストとして来日。2013年に新婚旅行先でフェルーザ(写真左から2番目) と出会い、その時の出来事をドキュメンタリー『フェルーザの夢とともに』として映画化する。“花コリ”では『お散歩いこ』(2009)、『City』(2010)、『XYZ note』(2011)が上映されている。

 

ゲストトークその2


TBSテレビが主催するDigiCon6 ASIAでKOREA Goldを受賞するなど、2018年の韓国アニメーションを代表する3DCG作品となった『ラブ・スパーク』。大学の卒業制作として同作を生みだしたキム・ミョンジュ監督に、メイキング資料を交えて、その制作過程、大学で受けてきた教育、韓国のCGアニメーション業界などについて語っていただきます。

日時 7月7日(日)12:00 韓国短編プログラム2の上映終了後
会場 愛知芸術文化センター 12階 アートスペースEF
ゲスト  キム・ミョンジュ(『ラブ・スパーク』監督)
聞き手  岩野一郎(名古屋学芸大学映像メディア学科講師)
参加費 韓国短編プログラム2ご鑑賞者のみ
※日本語通訳あり

 

|ゲスト
キム・ミョンジュ

青江文化産業大学でアニメーションを専攻。在学中、チェ・ユジンと『XXXY』(2016)、『ラブ・スパーク』(2018)を制作。現在、BRICK STUDIOに所属し、『Johnny Express』のウ・ギョンミン監督が手がけるTVシリーズ『マカ&ロニ』で背景を担当している。

 

|聞き手
岩野一郎

名古屋学芸大学映像メディア学科講師。愛知県立芸術大学を卒業後、プロダクトデザイン関連の業界を経て、3DCGアニメーション領域の教育に携わる。2006年制作のアニメーション作品『49』は、SIGGRAPH、Cinanima、文化庁メディア芸術祭ほかで上映された。

 

会場

愛知芸術文化センター 12階 アートスペースEF

名古屋市東区東桜一丁目13番2号

<行き方>
○地下鉄東山線/名城線・栄駅より、徒歩3分(オアシス21より、地下連絡通路または2F連絡橋経由)
公式ホームページ
 
グーグルマップで見る