最新情報

latest information


現地映画祭トークレポその4

report

2019.09.21 インディ・アニフェスト2019
映画祭一般コンペ部門2監督トークより

Q1.『つるつる村の理髪店』のソン・ボギョン監督に質問します。まず、牛が登場する理由は掛け言葉になっているからですか?

A1. 韓国語では「床屋・理髪店」を「理髪所이발 イバルソ」といい、牛は韓国語で「ソ」と書きます。

Q2. 作品がとても寓話的な話でもあり、韓国社会の一断面が思い浮かばれます。この話を最初に構想した過程が気になります。

A2.その通りです。理髪所イバルソだから牛(ソ)が出てきます。2足歩行のキャラクターを入れたかったけれど、犬のようなキャラクターは、すでにたくさん出ていたので、新しさが必要でした。それで理髪所イバルソの「牛ソ」から始まりました。実際に私の髪の毛が大量に抜けて、美容室を訪れたことがあります。その美容師の方が「90%のお客様が、髪が抜ける。」と言っていて、そうなると皆ハゲにになるかもしれないんじゃないか?と思いました。このことから出発して話を作り始めました。それで牛について検索をしていたら、牛が髪を舐めたら唾液成分によって髪がからみ合ってくっ付くという事実を発見したんです。実際に昔、ドイツの理髪師が牛の唾液を発毛剤として販売したという記事も存在したんです。このようにして話が発展し、『つるつる村の理髪店』が誕生することになりました。

『つるつる村の理髪店』
대머리마을 이발사/A Barber in a Bald Town
ソン・ボギョン 성보경 / 2019 / 10:41 / 3D
つるつる頭の村人しかいない“つるつる村”の理髪師と彼の牛。彼らの店は、廃業の危機に瀕している。ある日、牛が舌で頭をなめると、髪の毛が生えることに気付いた! ところが髪の毛は、伸びると草に変わっていき…。

Q.『愛は夢と現実の交差路で』のチェ・ヒスン監督に質問します。背景がとても美しく感じられたが、普段影響を受けている作品がありますか?

A. 背景は新海誠監督(『君の名は』等)の作品を参考にし、家の周りの風景からもインスピレーションを得ました。日常的に制作途中に散歩をするとき、近所の背景の写真もたくさん撮りました。あれこれインスピレーションが混ざって新しい場所を作りあげました。また、私の家の周りに良才(ヤンジェ)川があるんですよ。そこは、6時になるとお年寄りが運動するために集まる場所です。現場の雰囲気を直接感じたくて、作業している途中で6時になると外に出て、一緒に運動したりしました。(笑)

『愛は夢と現実の交差路で』
사랑은 꿈과 현실의 외길목에서/Love at the Crossroads
チェ・ヒスン 최희승 / 2019 / 05:40 / Drawing, 2D
夢と現実、そして私との三角関係。

アーカイブ

PAGE TOP