大阪会場

OSAKA


スケジュール

チケット

1回券 一般 1,000円 会員・学生 800円
パスポート 一般 3,000円 会員・学生 2,000円
交流会参加費 1,500円

大阪特別プログラム(アニメの源流A面、B面)
1回券一律:1,500円、2回セット券:2,000円(会員/学生料金なし)

要メール予約 各プログラム定員10名

感染症拡大予防の為、座席数を制限しております。
ご来場の際は、 氏名・人数・鑑賞するプログラムを明記の上、事前にプラネット+1までメールをお願いします。
プラネット+1メールアドレス→cinema-planet1★y2.dion.ne.jp (★を@に変えて送信ください)
※4月販売のパスポートをご利用の方も予約が必要です。
※パスポートはPLANET+1企画にはご利用いただけません。

ゲスト・イベント

*新型コロナウイルスの影響で韓国からゲストが来日できなくなったためビデオ会議形式で韓国からの生中継にて実施いたします
また4月6日(月)~8日(水)の19時から予定していた各プログラムの上映は、10月11日(日)に延期し、3回分を1日にまとめて上映します。


最新情報はツイッター等でお知らせします。

アンコール上映「チェ・ヒスン監督トーク

インディ・アニフェスト2019観客賞を受賞したコメディ作品 『愛は夢と現実の交差路で』のチェ・ヒスン監督に、作品について伺います。

日時 10月11日(日)14:30~韓国短編プログラム2上映終了後(30分)
場所 中崎町・PLANET+1
ゲスト チェ・ヒスン(『愛は夢と現実の交差路で』監督)
※日本語通訳あり

大阪会場限定 PLANET+1企画プログラム 
シリーズ「映画の樹」特別企画〈アニメーション映画の源流1911-1942〉

カートゥーンからパペット、影絵アニメなど1910年代の漫画家マッケイからフィリックスやベティちゃんそして桃太郎まで社会的な背景の中で生まれたアニメーションの原点がここにある。
作品の詳細はこちら



〈A面.ドキュメンタリー・アニメと寓話〉69分 計5作品 
*サイレント上映 ピアノ伴奏付き(演奏:鳥飼りょう)

『リトル・ニモ:ニューヨーク・ヘラルド紙の有名漫画家ウィンザー・マッケイと彼の動く漫画』 J・スチュアート・ブラックストン、ウィンザー・マッケイ /1911/16コマ/8分

『ルシタニア号の沈没』ウィンザー・マッケイ /1918/16コマ/12分/U.S.A.

『蛙の王様』ラディスラフ・スタレヴィッチ /1922/8分/フランス/染色(日本語字幕版)

『フィリックスの船出』オット・メスマー、パット・サリヴァン /1930/24コマ/7分/U.S.A./サイレント版

『煙突屋ペロー』田中喜次 /1930/16コマ/34分/日本

日時 10月11日(日)18:15~ / 12日(月)19:00~
場所 中崎町・PLANET+1

〈B面.キャラクターの完成〉60分 計4作品(トーキー作品)

『蒸気船ウィリー』アブ・アイワークス、ウォルト・ディズニー /1928/6分/染色版

『ベティの自転車競争』デイブ・フライシャー /1932/6分/U.S.A.

『カルメン』ロッテ・ライニガー /1933/10分/ドイツ

『桃太郎の海鷲』瀬尾光世/1943/37分/日本/音楽: 伊藤昇

日時 10月11日(日)11:00~  / 12日(月)20:30~
場所 中崎町・PLANET+1




*以下のイベントは2020年4月に開催終了または中止されたものです。




イベント1「教えて!韓国クリエーターの制作現場

「インディ・アニフェスト2019」にて観客賞を受賞した 『愛は夢と現実の交差路で』のチェ・ヒスン監督と、インディ・アニフェスト/花コリのポスターデザインをはじめ、さまざまな媒体で活動するアーティストのイ・ジナさんをゲストに招き、メイキング資料や作品を見ながら、お二人の制作環境について解説していただきます。

日時 4月4日(土)16:30~17:30(60分)
場所 中崎町・CO2運営事務局(パイロットビル3階)→※PLANET+1(2階)に変更
ゲスト チェ・ヒスン(『愛は夢と現実の交差路で』監督)
    イ・ジナ(インディ・アニフェスト/花コリ ポスターデザイン)
参加費 上映の半券提示で無料
※日本語通訳あり

ゲスト紹介

チェ・ヒスン(『愛は夢と現実の交差路で』監督)
1991年、京畿道平沢(ピョンテク)生まれ。2010年、弘益大学校絵画科入学。2015年卒業。同年、韓国芸術総合学校アニメーション科専門士課程に進学、2019年卒業。卒業制作である『愛は夢と現実の交差路で』で、インディ・アニフェスト2019観客賞を受賞

イ・ジナ(インディ・アニフェスト/花コリ ポスターデザイン)
1977年生まれ。1999年。「十万ウォン映画祭」のポスターデザインをきっかけとして、「女性映画祭」「インディドキュメンタリーフェスティバル」「インディ・アニフェスト」「国際大学生平和映画祭」「女性文化祭」など、さまざまなフェスティバルや映画祭のポスターをデザイン。本の挿絵、看板デザイン、漫画など、”絵”にまつわるあらゆる仕事に携わる、フリーランス・イラストレーター。2020年2月、猫のアクティビティーブック『グルングルングルン』を出版。

★中止★:イベント2「韓国おしゃべりランチ交流会

手軽な韓国料理や日本料理、スイーツを食べながら、参加者同士で交流ができるランチ交流会を開きます。アニメーションが好きな方、作っている方、韓国文化に興味のある方、どなたでもお越しください。たのしくおいしく韓国文化に触れながら、アニメーションについてお話ししましょう。アニメーション制作者の方は、作品の持ち込みも大歓迎です。

花コリ2019ランチ交流会にて

日時 4月5日(日)12:00〜13:30(90分)

イベント3「チェ・ヒスン監督トーク

インディ・アニフェスト2019観客賞を受賞したコメディ作品 『愛は夢と現実の交差路で』のチェ・ヒスン監督に、作品について伺います。

日時 4月5日(日)16:50~韓国短編プログラム2上映終了後(30分)
場所 中崎町・PLANET+1
ゲスト チェ・ヒスン(『愛は夢と現実の交差路で』監督)
※日本語通訳あり

会場

PLANET+1(2F)、CO2運営事務局(3F)

大阪市北区中崎2丁目3-12 パイロットビル(中崎町第2ビル)
<行き方>
○地下鉄谷町線・中崎町駅2番出口より、徒歩約2分
○JR大阪駅より、徒歩約15分
○阪急梅田駅・茶屋町口より、徒歩約10分
○車でお越しの場合は、中崎1と中崎2の交差点の間に、複数のコインパーキングがございます。
PLANET+1公式ホームページ
CO2運営事務局公式ホームページ

グーグルマップで見る

アーカイブ

PAGE TOP